2014年5月31日土曜日

全訳の効果


時間をかけて英文(をはじめとする外国語の文章)を全訳すると、次のものが得られます。

--
1)文章の理解度
   翻訳書を読んだり、英文を流し読みするだけより効果的。

2)構文を読み取る力

3)語彙力
   単語を調べ、単語帳等を作って何度もチェックすると良い。

4)ヒアリング力
   2)と3)が向上すると、一緒に向上する。

5)翻訳された原稿

6)自己満足

7)その他
   社会的・経済的成果。
   交流、評価など。
--

7)はあまり期待しない方が良いですが、その他の成果は着実に得られます。重要だけれど日本では知られていないゲーム学や文化研究についての情報は、ICTの発達でグローバル化が進んだ社会でも、まだまだかなり多いです。また英語運用能力は、仕事や生活で今後ますます不可欠な能力になっていきます。

ゲームを概念的に理解することに関心がある学生は、英語圏のゲーム学に理解のある先生や他の学生がいる、英語論文・文献を翻訳する講義・演習に参加すると良いです。しかし、英文学や映画研究と違って、日本ではゲーム研究を輪読する機会がまだほとんどないため、自発的努力が求められます。

たとえば、DiGRAのライブラリでは、過去に発表された論文(PDF)を無料で入手できます。数百本の論文がアップされていますので、この中から、定評のあるものを探すと良いです。
http://www.digra.org/digital-library/

さしあたり、翻訳されている『ルールズ・オブ・プレイ()()』や『ゲームメカニクス』などで紹介されている論文を読むことから始めると良いでしょう。

英文のゲーム学の文献、レポート、論文等を地道に全訳することは、時間がかかるため大変です。しかし、ゲームについての理解と英語力が同時に身につきますので、お勧めです。

0 件のコメント:

コメントを投稿